タイミングが大事な引越し|安い料金の業者を探そう

新生活の開始に必要なこと

引越し

住所変更の連絡

引越とは別の住まいに移り住むことですから、引越の前後には住所変更における各種手続きが必要となります。まずは、引越の14日前から当日までに、もとの住まいがある地域の役所で転出届を出し、転出証明書を発行してもらいます。この転出証明書は、引越が終わった後14日以内に、その地域の役所での転入手続きをする際に必要となります。運転免許がある人は、転入手続きの際に新しい住民票を発行してもらっておきます。それを引越先の地域の警察署で提出すると、運転免許証における住所変更手続きをおこなってもらえます。また、契約している電力会社やガス会社、水道局などにも住所が変更になるという連絡をしておく必要があります。この他にも、インターネットや固定電話や新聞なども、引越先でも継続して利用する場合には、住所変更手続きをおこなうことになります。利用をやめる際には、やはりその旨を連絡しなければなりません。こういった各種手続きをしっかりと済ませておくことで、引越先での新生活を快適にスタートさせることが可能となります。逆に言えば、手続きを怠った場合には、ガスやインターネットなどをすぐに利用できなかったりと不便なスタートとなってしまうのです。また銀行口座やクレジットカード、携帯電話などを持っている場合には、その住所変更手続きをおこなっておくことも大事です。これらは、特に期日などが設けられているわけではないので、新生活が落ち着いてからゆっくりとおこなうことができます。