タイミングが大事な引越し|安い料金の業者を探そう

新生活の開始に必要なこと

引越の前後には、住所変更手続きが必要となります。具体的には役所での転出や転入手続き、運転免許証の住所変更手続きなどです。また電気やガス、固定電話や新聞なども、継続して利用する場合には住所変更の連絡をする必要があります。銀行口座や携帯電話などでも住所変更をすることになりますが、期日は特にありません。

安く引っ越す方法とは

女性

費用に違いが出るポイント

引越し料金は荷物の量や距離だけで違いが出るわけではありません。一ヶ月の間でも月初と月末が高くなり、中旬は安くなる傾向にあります。また、平日は料金が安いのですが、週末になると高くなります。これは引越しをしたいと考える人が多い繁忙期に高くなり、余裕がある時に安くなるためであり、引越しの日がある程度自由になるのなら日時を変えていくつか見積もりをもらうのも一つの方法です。業者を選定する際、オプション扱いとなる範囲も大事です。ダンボールやガムテープ等の梱包材が全てオプションとなるケースもありますし、住んでいる場所や引越し先の階数によって大きく料金が異なることもあります。また、エアコンの取り外しや不用品の回収もオプション扱いになりますが、その料金には差が出やすいので必要なサービスを全て含めた料金で計算して比較をすることが大切です。これらのことを考慮しながら業者に見積もりを依頼することで、正確な比較ができるようになります。相見積もりを取っていることを知られてしまうと印象を悪くするのではないかと心配をする人がいますが、今は引越し業者の競争も激化していますので他の会社からも見積もりをもらっていると考えるのが普通です。ですから、あえて知らせるという手段を取る人もいます。繁忙期は料金が通常時の倍近くになることもありますので、時期をずらせるのなら安く済ませられる時期にした方がお得に引っ越すことができます。

単身者が利用しやすい

空室

主に単身者の引越しサービスとして人気が高い単身パックは、選ばれる理由として料金の安さやプロに作業を依頼できる点などが挙げられます。また荷物には保証が設けられているため、万が一の事故の際にも安心である点も単身パックが利用されている理由の1つです。

さらに安くなる方法

男女

引越し料金を格安にする方法として、訪問見積もりにきてもらう方法があります。ネットだけで簡単に見積もりができますが、実際に荷物を見ているわけではありませんので、訪問見積もりしてもらうことで正確な料金を出してもらうことができます。